A2BOXが持つ独創技術

他社製品にはないA2BOXが持つ独創技術

A2BOXの開発には、電解水の第一人者として知られる松尾至晃氏(弊社技術顧問)が深く関わり、同氏の水が生体に及ぼす機能性についての基本理論である「生物統一論」に基づいてA2BOXの基本性能を定めました。

生物統一論
すべての生物は、酸化還元対の比に規定されその平衝反応は、電気化学ポテンシャル差に従う。

現代医学では『すべての病気の原因は活性酸素』と位置付けています

水で健康を求めるなら、体内の活性酸素に対してどの様に対応することができるかが大変重要なポイントとなります。何故なら病の2/3は小腸で発生するといわれ免疫機構が働いています。したがって大腸で発生する悪玉菌の活性酸素に対応する必要があります。また生命維持反応では細胞内のミトコンドリアが熱エネルギー(ATP)を合成するとき、同時に活性酸素が発生して一日に1500億個もの細胞が壊死すると言われています。この活性酸素に対応し新細胞を作る反応が酸化還元反応といわれ、エネルギー合成や酵素による活性酸素消去の反応です。酸化還元反応の素粒子は、水素イオン(H+)と電子(e-)ですから、いかに水( H2O → H++OH- )の機能性を高めて利用することが重要なのか良く理解できます。< OH- = 過剰電子 >
生物統一論に基づき水が人体に及ぼす能力を重視して開発した、松尾式抗酸化水生成装置で最大の特長は次の3つであると考えております。

水酸イオン(OH-)の増加

電解を基本とした陰極水には、アルカリのNaOHと孤立の水酸基OH-が生成され、NaOHは胃液の酸で塩水となりますが、孤立の水酸基は酸に反応せず吸収され、小腸などで溶解・抗酸化などの働きをします。また、浸透性の調査においても、陰極水は浸透性が非常に高く細胞までの吸収に優れ、ビタミンやポリフェノール類の栄養(抗酸化)補助にも機能性を発揮します。
 < 水酸基の量は、一般の水に対して25%増量 > 5.23ppm

水素分子(H2)の生成

水素分子(H2)は、直接的な活性酸素消去で抗酸化作用ですが、一般的に飲料水には水素ガスであるために存在していません。しかし水に電子を与えると水素分子が発生し還元性を示します。日本医科大学 大田教授の論文によると、水素分子( H2)は強烈な活性酸素のヒドロキシラジカル(・OH )を除去すると報告されています。しかし水素分子はガスであるため保存性はなく一週間以内の飲用が望まれます。
 < 水素分子量は、一般の水0に対して0.75ppm増量 >

銀イオン(Ag+)の添加

銀イオン(Ag+)は、緑黄色野菜などに含まれるミネラルで、アメリカやロシアの飲料水には100ppbの銀イオンが認可されています。
銀イオン(Ag+)の作用は、ロシアの文献『銀イオン水』LA.クリスキー著など世界中で認められた抗酸化作用と殺菌作用(陽極水)に機能します。
また銀イオンの添加により、水酸基(OH-)の安定と増量が認められ、抗酸化機能を増幅します。
<その他の利用国:スイス・ドイツ・フランス・チェコスロバキア等>

以上のように、健康維持は活性酸素に対応する水に求める事が大切であり、その可能性を最大限に引き出して皆様に提供したいと考えております。

少し大袈裟ですが、私たちのA2BOXは、病気から人類を守る画期的な商品と考えております。

技術顧問 松尾 至晃氏のプロフィール

1940年1940年生まれ。松尾生体物研究所所長。新しい水理論及び電解水研究の先駆者。
1992年株式会社リバーストン顧問に就任。
1993年厚生省(現厚生労働省)にかけあい、「電解水の重要性」を説き、外郭団体「財団法人 機能水研究振興財団」を創設。常務理事(元)
2002年“強酸化水”の権威でもあり、2002年7月より食品添加物として厚生労働省より認可。米国法人IEEU(国際地球環境大学)ライナス・ポーリング(ビタミンの研究で有名。2度のノーベル賞受賞者)が設立に寄与した米国地球環境大学の客員教授でもある。電解装置に関する特許は、50以上を数える。
2013年2013年8月 松尾式抗酸化水生成器A2BOXを誕生させ、㈱エス・エープランニング顧問に就任現在に至る。

学術顧問 山野井 昇氏のプロフィール

東京大学大学院医学系研究科にて40数年の長きにわたり医療や健康、美容などの最先端分野の研究に従事。空気や水の最新研究の第一人者として知られ、とくにイオン応用科学の先駆けとして早くからその実用性を提唱。今日の空気清浄器やエアコン、ドライヤーなどイオン応用家電市場の発展の礎を築く。現在、新聞や雑誌の、講演などで活躍中。著書に「水素と電子の生命」他10数冊がある。

  • 一般財団法人未来医学財団理事長
  • 日本マイナスイオン応用学会会長
  • 日本未病システム学会理事
  • 公益社団法人日本アロマ環境協会元顧問