会社案内

代表あいさつ

毎日使い続ける水だからこそ、本当に真剣に選んでいただきたい。

人間は水なしでは生きられない生き物

世界初の有人宇宙飛行を成し遂げた旧ソ連のユーリイ・ガガーリンが「地球は青かった」という名言を残しているように、宇宙から見た地球は青く輝いています。その青さは、まさに『水』そのものなのです。そして、地球上の生物の起源をたどると、全ての生命は『水』から誕生したと言えますし、私たち人間の体も、ほとんどが水でできているのです。年齢や性別によって差はありますが、胎児では体重の約90%、新生児で約75%、子どもで約70%、成人で約60~65%、高齢者で約50~55%が水で占められています。人間は水と睡眠を取っていれば、2~3週間は生きられます。ところが、水を一滴も取らなければ、4~5日で命を落としてしまいます。このように、人間は水なしでは生きられない生き物なのです。また、メソポタミア、エジプト、インダス、中国の古代四大文明が川の近くで発展したように、人間の文明は『水』によって支えられてきました。

深刻な水の汚染状況

このように『水』は、人間にとって欠くことのできない存在です。しかし、21世紀を迎え、人々の生活がますます便利になる一方で、『水』の汚染が地球規模で深刻な状況となっています。人間が今後も輝かしい未来を手にしていくには、『水』の汚染という問題を避けては通れません。あらゆる生物の頂点に立つ人間は、『水』の汚染に対しても責任があり、解決策を見出すことが必要だと考えます。

『水』によるライフスタイルの変革

『水』は、空気のようにあるのが当たり前と思っていないでしょうか。形而上的存在であるがゆえに、私たちはその大切さに気づいていないのかもしれません。社会に生きる一員として、健康と命を守るために何が必要なのか、何が役立つのか。このことを自問自答した末にたどり着いた結論は、『水』の必要性と重要性を明確にし、応用性を追求することでした。私は、普段感じることがない『水』の価値に目を向け、人生を賭して『水』の役割を考え、そして、新たな時代を切り拓く『水』の生成に取り組む覚悟です。「命をつなぐ大切な水から、人々のライフスタイルを変えたい」。私たちが追い求めているのは、『水』によるライフスタイルの変革なのです。



『水』研究の第一人者である松尾至晃氏を顧問に

今回、『水』研究の第一人者である松尾至晃氏(元 財団法人機能水研究振興財団 常務理事)を顧問に迎え、生命の根源をつかさどる『水』に真正面から挑んだことによって誕生したのが松尾式抗酸化水生成器「A2BOX」です。A2BOXは従来の浄水器やアルカリイオン整水器、還元水生成器、水素水生成器とは全く異なるコンセプトの下で設計された革新的な装置と言えます。

一般的な浄水器とA2BOXの違い

一般的な浄水器は、活性炭やろ過膜を使用して、塩素やカビ類、赤サビなどの不純物を取り除き、水をきれいにすることを目的にしています。この浄水器を発展させ、一時期大ブームとなったアルカリイオン整水器は、浄水機能はもちろん、水を電気分解することによって、アルカリイオン水や酸性水を生み出します。
そして、アルカリイオン整水器や還元水生成器、水素水生成器などを高次元に進化させた「A2BOX」(特許申請中)は、「銀添粒状活性炭」「繊維活性炭」「イオン交換繊維」「ゼオライトボール」によって不純物を除去する機能を備え、「浄水」を作り出すことができます。さらにA2BOXの最大の特長は、電気分解で水を陰極(マイナス)と陽極(プラス)に分け、「Ag+(銀イオン)」を水に溶け込ませる点にあります。

病気の原因は活性酸素にある

銀には、昔から抗菌作用があることが知られており、現在、世界各国の水道水の浄化に銀イオンが用いられています。A2BOXによって電気分解で水をプラス側にすることで水を酸化させてAg+を水に添加することで、口内の洗浄からキッチンの衛生管理まで、幅広い管理ができる「銀イオン陽極水」を生み出します。また、現代医学では「病気の原因は活性酸素にある」と位置付けています。この活性酸素を中和してくれるのが、「銀イオン陰極水」です。水をマイナス側に向けると電子反応が起こり、この電子反応が活性酸素の中和に働くわけです。※メーカー調べ

水の常識を遥かに超えた水

「浄水」「銀イオン陽極水」「銀イオン陰極水」。この3つの水を「A2ウォーター」と呼び、これまでの水の常識を遥かに超えた水と言い換えることができるのではないか。いつでも、どこでも、だれでも、使う水だからこそ、最高のものを提供したいと私たちは考えます。

株式会社エス・エープランニング
代表取締役
 佐々木 淳悟